お葬式コミュニティHOME葬儀の流れ目次<通夜・通夜ぶるまい


通 夜・通 夜ぶるまい





弔問客の迎え方通夜式通夜ぶるまい通夜ぶるまいの後




「通夜」の由来
  
  通夜とは本来、邪霊の進入を防ぎ、故人の霊を守り慰める為の儀式で、
  昔は文字通り、夜通し故人のそばで過ごし、「添い寝」する習わしもありました。
  つやのことを「添い寝」「夜伽(よとぎ)」[一晩中寝ないでそばに付き添うこと]と
  呼ばれるのはそのためです。

  また、死亡してから葬儀を出すまでの数日間にわたって、
  遺族が故人を見守っていた時代もありましたが、今日では、一晩だけ見守り、
  翌日には葬儀・告別式を行うのが一般的となっています。


 弔問客の迎え方

  
 お悔やみに対するお礼の言葉

弔問客よりお悔やみの言葉を受けたら、簡潔にかつ丁寧にお礼の言葉を
述べます。また、香典や供物を差し出されたら、「恐れ入ります。」といって受け取ります。

挨拶例
  
  早速のお悔やみ有難うございます。覚悟はしておりましたが、残念でなりません。
  
  ご多用のところをわざわざお運びいただきありがとうございました。
    主人の生前には、本当に親しくしていただき、厚く御礼申し上げます。
  
  早々とお越しくださいまして、ありがとうございます。
    夫も感謝申し上げていることでしょう

   お悔やみに対する返礼はこちら⇒喪家の挨拶例"通夜"


 通夜の席次

ふつうは祭壇に向かって右側が遺族、親族で、喪主から順に血縁の深い順に座ります。
左側には、葬儀委員長、世話役代表、友人などが座り、一般の弔問客は来着順に座ります。
しかし、実際にはスペースの都合などで、喪主や遺族、親族以外は、
特に席を指定しないことが多いようです。

     BACKTOP



 通夜式

一般の弔問客を迎えて行う通夜式は、夏は7時、冬は6時くらいから始め、
1〜2時間程度で終わる「半通夜」とすることが多いようです。



 通夜式の進行

受付開始 遅くても式開始の30分前には受付を始めます。
僧侶到着 僧侶控え室にお通しし、茶菓で接待します。
遺族・参列者着席 喪主や遺族は早めに席に着き、参列者を迎えます。
僧侶入場 進行係または世話役が僧侶を式場に案内します。
僧侶読経 読経とともに通夜式が始まります。
読経がされている間参列者は耳を傾けます。
焼香 喪主から遺族、親族というように、血縁の深い順に焼香します。
参列者は席次順に焼香します。
読経が長いときは読経の途中から始めることもあります。
僧侶の説法 遺族の希望により、僧侶が短い説法をする場合もあります。
僧侶の退場 参列者は座ったまま一礼し、見送ります。
喪主の挨拶 喪主または遺族代表が参列者に挨拶をします。
場合によっては、通夜ぶるまいの案内をします。


このように、通夜は僧侶の出座によって始まります。焼香をする場合は、
喪主から順にひとりずつ祭壇の前に進んで焼香をします。
会場が狭くて列席者の移動が困難なときは、その場で香炉を順に回して
(回し焼香)することもあります。盆にのせられた香炉をそのまま自分の前に置いて
焼香しますが、盆を置くスペースが無いときは、左手で盆を持って右手で焼香し、
次の人に回します。焼香の仕方は、各宗派により若干異なりますので、
事前に確かめておいたほうがいいでしょう。


 通夜式後の挨拶

僧侶が退場した後、喪主は弔問客にお礼の挨拶を述べます。
1〜2分の簡単な挨拶で構いませんが、心をこめて話すことが大切です。
また通夜ぶるまいや翌日の葬儀の案内もします。

挨拶例【1】=喪主が妻の場合
  
  本日はご多用の中、ご弔問、ご焼香を承りまして、まことにありがとうございました。
    こうして皆様方にお集まりいただきましたことを、
    亡き夫もさぞかし喜んでいることと思います。
    
    また、夫の入院中には、ご親切なお見舞いをいただきました事を
    故人に成り代わりまして厚く御礼申し上げます。

    尚、明日の葬儀は午後1時から本式場にて行わせていただきますので、
    なにとぞよろしくお願い申し上げます。
    (また、ささやかではございますが、お食事の席をご用意いたしました。どうぞ、故人の
    思い出話でもなさりながら、召し上がっていただきたいと存じます。)

    本日はありがとうございました。


挨拶例【2】=喪主が息子の場合
  
  一言ご挨拶申し上げます。私は故人の長男でございます。
    本日はご多用の中、ご丁寧にお悔やみくださいまして、有難うございました。
    
    生前父がご厚情を承りました皆様に、こうして列席していただいたことに対し、
    旅立った父もさぞかし喜んでいることと存じます。

    尚、明日の葬儀・告別式は午前10時から執り行います。
    再び皆様のお手をわずらわせる事となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

    (また、突然のことで何も用意できませんでしたが、隣の部屋に故人の供養のために
    お食事をご用意いたしました。どうぞ、お召し上がりになりながら
    故人を偲ぶお話などをお聞かせいただければと思います。)

    本日はありがとうございました。
通夜式後の挨拶例はこちら⇒喪家の挨拶例"通夜ぶるまい前"


 僧侶への心づかい

通夜が終わったら、僧侶を控え室にご案内し、
茶菓子などをふるまって、その労をねぎらいます。
このとき、通夜の謝礼(お布施)を渡す場合もありますが、これは翌日、告別式が始まる前に
枕経や告別式の謝礼などと一括してお渡ししたほうが忘れずにすみます。

     BACKTOP



 通夜ぶるまい

「通夜ぶるまい」とは
  
  通夜式の後、弔問に対するお礼と故人の供養の意味をこめて、
  弔問客を酒食でもてなすことです。

  仏教では、忌明けまでは魚や肉などの生ものを慎むものとされていますが、
  最近ではこだわらずに、寿司やおにぎりの詰め合わせなど、弔問客がそれぞれに
  とりやすいものが重宝されています。

  また、最近では、この「通夜ぶるまい」は親族のみでおこなわれることが多いようです。


 弔問客への心遣い

喪主や遺族は宴席が始まる前に簡単な挨拶をした後は、
席に着いたまま列席者のお悔やみを受けます。


   喪主や遺族は弔問客の接待をしなくても失礼になりません。

   弔問客を無理に引き止めるのはよくありません。
     
   帰るきっかけをつかめずに残っている弔問客が居る場合は、簡単な挨拶を述べ、
     帰りやすいきっかけを作ってあげましょう。
  


 通夜ぶるまい終了の挨拶

通夜ぶるまいの後の挨拶は親族代表や世話役がおこなっても構いません。
はっきりと通夜を終わらせていただく旨を告げ、
弔問客への感謝の気持ちをこめて挨拶をします。

挨拶例【1】=喪主が夫の場合
  
  皆様、本日は突然のことにもかかわらず、亡き妻の通夜にご弔問くださいまして、
    誠にありがとうございました。
    おかげさまをもちまして、滞りなく通夜を終えさせていただくことが出来ました。

    皆様には、まだゆっくりしていただきたいところではございますが、
    もう夜も更けてまいりました。

    この後は家族だけで守りますので、どうぞ適宜お引取りいただきたいと存じます。
    本日はありがとうございました。
挨拶例【2】=喪主が子供の場合
  
  皆様、本日はご多用中にもかかわらず、亡き父のためにお集まりいただきまして
    誠にありがとうございました。
    慣れぬことで不行き届きな点もございましたことを、ここにお詫び申し上げます。

    また、皆様の暖かいお志に父もさぞかし感謝し、喜んでいることでございましょう。
    夜も更けてまいりました。明日の皆様のお仕事に差し支えるといけませんので、
    これで終了させていただきたいと存じます。

    なお、葬儀は明日の午後1時より本斎場で執り行います。
    お時間が許すようでしたら、ご会葬いただければ幸いでございます。

    本日はありがとうございました。
通夜ぶるまい終了の挨拶例はこちら⇒喪家の挨拶例"通夜ぶるまい後"

     BACKTOP



 通夜ぶるまいを終えて


 遺族は見送らない

喪主や遺族など、喪に服している人は弔問客を見送らないしきたりになっています。
どなたの場合でも、その場で感謝の言葉を述べ、
「お送りしてはいけないそうですから、ここで・・」 と一言付け加えましょう。


 お手伝いの人たちへの心遣い

通夜ぶるまいを終え、一段落したら、お手伝いをしていただいた人たちにも
食事をとってもらいます。


   食事は決まった時間に食べられない為、折り詰めや弁当など、持ち帰りのできるものが
     良いでしょう。

   遠方から来てくれた人には、早めに引き取ってもらうよう、葬家が気を配ることです。
     
   帰り際には、丁寧にお礼を述べ、翌日もお願いする場合は、
     「よろしくお願いします。」 と言葉をかけます。
  


 香典の整理を葬儀の打ち合わせ

葬家は会計係や受付係が帰る前に、香典や弔問者名簿供物帳などを
受け取り保管しておきます。
また、世話役と翌日の葬儀の打ち合わせもしておきます。


打ち合わせ時の確認内容

   弔辞を読んでもらう人

   遠火葬場までの車の手配
     
   精進落しの料理の手配

   遺族、親族、各界ご代表の焼香順位・・など
  


 通夜の過ごし方

本来通夜とは、遺族や近親者が夜通し線香やロウソクの火を絶やさないようにしながら、
故人を見守るものです。しかし、翌日には葬儀を控えているときでもありますので、
祭壇の照明だけを落として休むか、若い人が中心となって、交代で睡眠をとりながら
見守るようにしましょう。

     BACKTOP"NEXT

運営会社TOPページサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) お葬式コミュニティ All Rights Reserved.